対処する

(1)症状に対処する
不眠・過眠・頭痛・過食拒食・吐き気・喉のつまり・便秘下痢・じん麻疹・重い生理痛、いつもと違う感情に翻弄されるイライラ・モヤモヤ、焦燥感、不安感、恐怖感、孤独感、怒り・憎しみなど
まずこれらの軽減を図ります。お話しようにも辛くて頭を使えないとか、不安や恐怖が強すぎて健康な思考に向かえない場合が多いからです。
特に強迫性障害や解離性障害は症状が起きている段階で消耗ループに入ってしまっているので、FAP療法を受けていただき、充電ループに軌道修正をしてからお話に入ります。
また、最新バージョンのFAP療法は遺伝子コードを使った治療を行っています。こちらは器質的な部分にアプローチしていきます。

心療内科や婦人科に相談に行かれるとお薬などで症状が軽減されることもありますので、それもひとつの選択肢でしょう。

 

(2)症状のもとに対処する
前ページ【何が影響しているかを探る】で探ってきたことに対して具体的な対処法を探り、実際に生活の中に取り入れていきます。
① 表面上の原因への対処
身を置いている環境や人間関係の中で、自分を脅かす存在がいる場合はそこから離れるまたはスルーする方法を考えたり、相談できる人を見つけたりして、自分が心地いいと思える環境にするために働きかけるにはどうするかなどの方法を考えていきます。
 
② 潜在的な原因に対処する
これまでの養育環境や経験から、考え方や認識の仕方にクセが出来てしまい苦しい状況に陥っていることがよくあります。自然にやってしまっているので、なかなかご自身で気付くのは難しいものです。そこに気付き、ご自身が本当に心地いいと感じられる考え方や価値観を見つけていけるようにアプローチしていきます。
 
③ 心の傷に対処する
前ページでも書かせていただきましたが、深いところでトラウマが影響しているので、
FAP療法を用いて、心の傷の修復をしていきます。

トラウマについてはこちらもご参照ください → トラウマとは

 

(3)自分の課題に対処する

精神疾患を患われると、長期間、会社や学校をお休みしなければならないこともあります。こうした場合、病気そのものがよくなってきて社会に戻ろうとした時に、大きな不安となり復帰の高いハードルになってしまうことは少なくありません。

 

i カウンセリングでは自分の力で自分の道を歩いて行けるようになることを目指していますので、社会復帰に向けて課題となるところにしっかりと対処します。

 

クライエント様のお話を伺うと、不安の原因は戻った先で自分のやるべきことが出来るだろうか、もし出来なかったことで居心地が悪く感じたり、また人間関係が苦しくなったりしないかによるものが一番多いです。

 

学校なら勉強が進んでしまっていてそれを取り戻せるか、会社なら復職後仕事がきちんとできるのかなどですね。

 

これに対しては、できることとできないことをご自分で把握して、

できないことは理由を添えて相手に納得・理解・応援してもらえるよう伝えるアサーショントレーニングと言ったソーシャルスキルトレーニング(SST)で自分を守っていく、

できることは積極的に取り組んで興味・関心・業務の幅を広げていき自信を高めていく

ことで少しずつ自分の力でご自分の道を歩いていけるよう両面からサポートいたします。

 

 

下村博史が担当いたします。

 

① 復職支援(社会人向け)

  1. 復職までの手続き
  2. 復職に向けての心がけ
  3. 働く練習
  4. 仕事を任せてもらえるようになるには
  5. SST(アサーショントレーニングなど)

 

② 学習支援(中高生向け)

  1. アセスメント(元々の課題とお休みによる遅れ)
  2. 目標の設定・スケジュール作り・評価方法の確認
  3. 具体的な学習支援(希望者)
  4. 進路アドバイス
  5. SST(アサーショントレーニングなど)

 

 

   戻る ←    ⇒ 次へ