トラウマってなんでしょう?

トラウマとは
心的外傷…つまり心の傷です

米国精神医学会の『DSM-Ⅳ-TR 精神疾患の診断・統計マニュアル』によるとその原因は
「実際にまたは危うく死ぬまたは重症を負うような出来事を1度または数度、あるいは自分または他人の身体の保全に迫る危険をその人が体験し 目撃し または直面した」と定義されています。

自然災害
戦争体験
事件・事故
虐待・いじめ
大切な人やものの喪失体験


などがこれにあたります。

私はこれに加えて

幼少期のしつけ
親のあり方や生き方
宗教を含む文化の押し付け


なども含まれていると思っています。

上記の診断基準によるものは生命の危機に伴う恐怖であり

後者は自由意思を尊重されなかったために起こる
存在そのものへの危機に伴う恐怖
です。

それらを受けたことによって抱えてしまうのがトラウマなのです。

トラウマを抱えてしまいますと、外部の様々なものに対して無力感を抱いてしまう様になります。トラウマというのは上記の様な理不尽なものに対して、その時対処出来なかったことによって抱えるものだからです。


そして
・自信喪失
・世の中や人に対する不信感と絶望感
・不安感などを無意識に抱く
・自分を嫌いダメな人間だと思い込む
・感覚の麻痺を起こさせ現実感を喪失させる

などの感覚をいつまでも解消されることなく抱えてしまう様になるのです。