うつ病

このページでは心因性のうつ病について症状や原因とともに、私自身がこれまで15年以上うつ病の方と接しお話を伺ってきた経験から、うつ病をどうとらえ、何を大事にしながらアプローチしているかを書かせていただいています。お読みいただき理解を深めてくださったら嬉しいです。

 

精神疾患はみなそうなのですが、うつ病も心と体からのSOSだと感じています。iカウンセリングでは、病気を通して心と体がご自身に向けて送っている〝声にならない声”に耳を傾けていきます。そしてクライエント様の心があたたかな安心感と自信で満たされ豊かな人生を歩んでいけるようサポートいたします。

 

この安心感と自信はご自分で育てていくことができるのです。

 

【原因】

心因性のうつ病の原因として大きく①ストレス ②睡眠不足 ③トラウマ が挙げられます。脳は睡眠によって疲れを取り、記憶の整理をしてまた動くことができるようになるのですが、これらがあると休まらず疲労がたまり、動けなくなってしまいます。

 

私見ですが、うつは『脳が省エネモードに切り替わる』という状態で、下に書かせていただいた症状は消耗を防ぎ体を守ろうとしているから起きてくると捉えることもできると思うのです。なんとも〝あなた思い”の病気ですよね。

 

ですので「うつ病=ツラいから厄介者→追い払う」ではなく、この〝あなた思い”の病気をきっかけに、自分にとっての幸せってなんだろう?という問いかけを自分に投げかけ、その答えを見つけていっていただけたらと思っています。心も体もそれを見つけてくれたら喜ぶと思います。

 

 【症状】

うつ病の症状には大きく分けて<身体症状>と<精神症状>があります。

他によくみられる”状態”というのも挙げておきますね。

 

以下の全ての症状が一度に出るわけではありません。でも、どれかが当てはまるようでしたら気を付けてあげてください。

 

<身体症状>

◆身体がだるい・重い

◆肩こりや全身の筋肉の硬直や痛みがある

◆頭痛

◆食欲に問題がある(食欲減退・過食)

◆睡眠の問題がある

(不眠・過眠・途中または早朝に起きてしまう・悪夢・朝起きられない)

◆性欲がなくなる

◆勝手に涙が出てきてしまう

◆目の奥が重い・目を開けているのがしんどい

◆のどが詰まるような感覚がある

◆光がまぶしく感じる・電気をつけてるとツラい

◆テレビやパソコン、スマートフォンなど見てるのがツラい

◆今まで普通に聞こえていた音をうるさいと感じる

◆体重減少

 

<精神症状>

◆やる気・意欲が出ない

◆記憶力が低下している

◆集中力が低下している

◆思考力が低下している(考えがまとまらない・ぐるぐるしてしまう)

◆不安感や恐怖感がある

◆罪悪感に苛まれる

◆消えたいまたは死にたい気持ちが出てきてしまう

◆お金がなくなるという過剰な不安感がある

◆楽しいという感覚がない

 

<その他よく起きること>

◆家事が進まない

◆勉強や仕事のパフォーマンスが落ちている

◆勉強や仕事でミスが増えた

◆お風呂に入るのがしんどい

◆お化粧や身支度が億劫

◆出かけるのが大変

◆人に会いたくない

◆おしゃれや身だしなみに気を遣えなくなる

◆メールやSNSの返事ができない・したくない

◆文字を読むのがつらい

◆文字をうまく書けない

 

多くの場合、頭痛や肩こり、睡眠の質が変わってくるなどからはじまり、上記のような症状がちょっとずつ足されてくると思います。できるだけ早くサインに気付くことが大事です。そして早めの休養、睡眠を取るようにしましょう。発症すると三大欲求の食欲・睡眠欲・性欲も落ちてしまい、睡眠がうまく取れなくなり、脳を休めることが困難になってしまいます。

 

重症化してくると死にたくなってしまうこともあります。これは本当にまずいことになっているということを知らせるためだろうとも思います。この症状はご本人にも周囲にも危険信号として認識してもらいやすいのです。

 

光や音が苦痛に感じることがあります。情報の処理能力が落ちているので、処理しなければならない刺激を避けるよう行動を促しているのではないかと思います。眩しければ目を閉じたり部屋を暗くしたりして光を遮断しますし、うるさいと感じたらイヤホンで心地いい音楽を聴いたりと行動が自分にとって負担の少ない方へ移行しますものね。ひどくなってくると音楽も負担になってしまうことがあるのですが…。

 

メールやSNSなど対人関係が伴うものもできなくなります。人と接するのは多かれ少なかれ気を使いますし、エネルギーも使うものですが、トラウマがあると人に対しての恐怖があるので元気な時でもエネルギーの消耗が激しいのです。消耗している時はそのエネルギーが足りていないのでできなくなるのだろうと思います。相手にどう思われるかというのも怖さが増してさらに動けなくなるのでしょう。 

 

 

【原因の3つめトラウマの影響について】

トラウマを抱えていると無力感につきまとわれ自分に自信を持つことが難しくなるため、自分の感覚よりも他人が求める(であろうと思っている)答えを見つけようとしたり、その無力感を払拭したくて無理をする、地位を得るなどの行動を選択してしまうといったことが起きます。

 

例えば、仕事で評価を上げようと身体が疲れていてもサービス残業をしてしまう、人が嫌がる仕事ばかり一人で引き受ける、いくつも資格を取得しているのにさらに次々と資格取得に挑み続けて終わりがない、人と比較して自分が1番になろうとする(ならなければ自分には価値がないと考えています)、自分にしかできない重要な役割を得ようとする、など。

 

こうしたことのくり返しによって本当の自分がないがしろにされ、さらにトラウマを深めて精神を疲弊させていってしまうのです。

 

トラウマの影響で出てくる症状や状態については『トラウマとは』のページに詳しく書かせていただいていますのでこちらもぜひご一読ください → こちら

 

 

【回復の5つのステップ】

『カウンセリングのすすめ方』のページにも書かせていただいていますが、うつ病の回復には以下5つのステップを組み入れていきます。

 

①心身や脳にかかっている疲れを軽減させます

②体の奥にあるトラウマを出していきます

③潜在意識の中にあるインナーチャイルドに光をあてます

④症状の意味を理解して身体を慈しみ感謝をしていきます

⑤対人関係を含む生活環境が心地よいものになるように実践します

 

➀②に対してFAP療法を使っていきます → 『FAPの目的・効果』はこちらへ

 

こちらもご覧ください → 『カウンセリングのすすめ方』

 

 

【夫のうつ病体験記】

iカウンセリング副代表で私の夫でもあります下村博史は、うつ病&うつのお薬と12年間お付き合いしてきました。寛解と再発を繰り返し、会社員でしたので休職と復職を何度も経験しました。その記録をホームページ上に掲載しています。

 

私は患者家族として横にいたので夫が時間をかけて自分と向き合っていく姿を見ておりました。うつを患った方こそが本当のうつの専門家と言えるのではないかと感じています。

       → 『夫のうつ病体験記』