不登校・出社拒否

はじめに、個人的な感覚ですが、「不登校」「出社拒否」という言葉には、私はちょっと抵抗があります。ご本人が積極的にそれを選択しているように聞こえてしまうからです。ニュアンス的にはサボっているとか甘えてるとかいうものを含んでしまっている印象を感じます。

 

ストレスや恐怖などでいっぱいいっぱいなので、心身を守るために体はストレスの多い危険な場に行かないようにと止めているだろうと思いますが、大抵の場合、頭ではそうは思っていません。むしろ体がいうことをきいてくれないことにいら立っていたり、自分を弱い、だめな人間だと責めています。

 

「行かない」のではなくて「行けない」のだと認識を書き換えないとご本人様とのコミュニケーションは食い違うばかりでうまくいかないだろうと思います。

 

ただ、この言葉を入れないと検索キーに引っかからず、お伝えしたいことが伝わらないので便宜上使ってしまっております。その点はごめんなさい。思いを添えておきたく、冒頭に書かせていただきました。

 

ということで、ここからは「学校や会社に行けなくなってしまっている方」と書かせていただきますね。

 

自宅や自室にいれば普通に過ごせているのに朝学校や会社に行かなくてはいけないとなると、頭が痛くなったり身体がだるくて起きられなかったりして、頑張っていこうとはするのにどうしても行くことができません。

 

家の中の様子をご家族が見ていると、別に熱があるわけでもないし食欲も普通にあったりして元気そうに見えるので、サボっているんじゃないか?怠けているんじゃないか?甘ったれてんじゃないか?などと感じてしまい、責めたくなってしまうことでしょう。上記のようにそもそもの認識が違っているため、ケンカになってしまうこともあると思います。

 

ご本人は行こうと思っていますし、このままではいけないとも思っています。身体がいうことをきいてくれないので、頑張っているのに結果としては行けず、さらに登校時間が過ぎてもう今日も休むと決まるとだるさが軽くなったりして動けてしまうので、その頑張りを理解してもらうどころか疑われてしまい、その苦しさも加算されていってしまいます。

 

 

原因になること

(1)原因としてはやはりストレスが大きいです

 

こうなってしまうまでに、ご本人は相当何かを我慢していたはずです。

よくあるストレスを大雑把に挙げると

 

  • 学校や職場の人間関係
  • 学業や業務の負荷・不振
  • 家庭の事情

などがあります。

 

明らかないじめやパワハラ、モラハラは言うまでもありませんが、最近はネットの世界があるため、SNSなど表面には見えにくいけれど大きなストレスを生むものもあります。

 

グループやコミュニティの中で嫌われているんじゃないか?仲間外れにされるんじゃないか?裏で自分以外のみんなが自分の悪口を言ってるんじゃないか?などという不安を抱え緊張しながらやりとりに追われてしまっていることもあるでしょう。また、ネットは24時間いつでもつながれるので、逆に、常に見られている(見張られている)ような感覚にもなり、安まる時間が確保しにくくなっている現状があります。それぞれのグループやコミュニティの中には『暗黙の了解』なるものが存在していることもあり、それによって起きるストレスもあります。

 

勉強や仕事をやってもやっても終わらないとか、時間が足りなくて焦りばかり募ることもあるでしょう。量の問題もあれば質的にも高いパフォーマンスを求められてそれがしんどいこともあるでしょう。

 

ご家庭の事情としてはご両親のケンカや祖父母との関係、家の宗教の問題、家族の病気や死、兄弟姉妹間の比較(親御さんがやっていないつもりでもふと出た言葉から自分はダメだと思うこともあります)などが挙げられます。

 

 でもこのなかのどれかとういうよりはこれらがそれぞれ複合的に絡んで大きなストレスとなってしまっている場合が多いです。

 

そう言うとご家庭にも原因があるということになり、ご家族の方々は「自分のせいではないと思いたい」という気持ちが自然と出てきますので、「誰が悪いんだ?」と犯人捜しをしてしまいがちになります。でもそれをやってもあまりいい結果は得られません。むしろご家族のみなさまも、それぞれが何らかのつらさを持っているはずなので、これをチャンスとして今よりも一人一人が幸せになるためのことを考えられたらいいと思います。

 

(2)発達障がいの傾向が隠れていることがあります

 

学校や会社に行けなくなっている方全てに当てはまるわけではありませんが、

なんらかの発達障がいの傾向を持っている方が多いです。

 

この傾向があると、考え方やものの見方、記憶の刻み込まれ方に特徴があり、身体にストレスがたまりやすいのです。

 

嫌なことのインプット具合が深く、なかなか取れてくれない傾向があります。そのため、大抵の方が忘れてしまいそうなことを、忘れることが出来ません。自分にとって不快なもの・危険なものに対する恐怖心やそれらがまたいつ自分に向かってくるのかという不安感も大きくなってしまうという傾向もあるので、外の世界がものすごく恐ろしい場所だと認識してしまっています。

 

もしも外の世界には自分を狙う敵や、毒蛇がうじゃうじゃいるって思ったら、誰でも外に出ることは恐怖ですよね。発達障がいの傾向のある方から見える外の世界はこのように映っていることがあります。

 

FAP療法を使った対応

iカウンセリングで使わせていただいているトラウマ療法のFAPには大きく3つの効果があります。

 

1つ目はトラウマの根本治療
2つ目は脳や身体にたまった精神的な疲れ・ストレスを軽減
3つ目は遺伝子コードをつかったFAPで器質的な部分にもアプローチ
上記の『ストレスの原因になること』で挙げたものに対してこの3つが複合的にアプローチしてくれます。
身体の中に溜まってしまったストレスというのは身体的な疲れと違って、1日ゆっくり休んだから取れるというものではありません。学校や会社を数日~数か月お休みしたとしても取れない場合が多々あります。
むしろ、休めば休むほど、「これだけ休んでるんだからよくなるはず」というプレッシャーが外からも自分の中でも掛かってきて、それが新たなストレスとなり、逆に休まらない日々になっていってしまいます。
このストレスを軽減させる方法としてはFAPはとてもいいツールです。
受けていただいた後、お子さんたちから出た言葉は
「なにかが取れたみたい!」
「やりたいこととかなくなっちゃってたけどが出てきた」
「次の日久しぶりに出かけた!」
「すごく気になっていたことがそうでもなくなった」
などです。
こういった言葉が出てくるということは、身体に溜まってしまっていたものが軽減されたという体感があったからだと思います。
3つ目の遺伝子コードを使う方法は症状に関連する遺伝子コードを使うことで記憶が刻まれやすい脳やトラウマでうまく働けなくなっている遺伝子の動きを正常化しようとするものです。
               

他に考慮しなければならないこと

学校や会社に行けなくなってしまったということは、その方だけのせいではなく、環境要因が関係しています。その方に合った学び方や仕事の進め方を探していくことが、安心感を生み、やってみようという気力につながることがあります。

 

 

学校に行けなかった間に進んでしまった勉強の遅れをどうやったら取り戻せるのか

どこから手をつけたらいいかわからなくなってしまっている

勉強・仕事の量が多くて対応できると思えない

 

ということがプレシャーになり、出来ないという恐怖で、また行くのにハードルが上がってしまうこともありますので、そこの安心感を得ることがとても大切です。

 

ひとりひとりに合った学習の仕方を探る支援や働き方へのアドバイスは併設のまんてんエデュケーションで対応いたします。

  ↓

まんてんエデュケーション

不登校の学習支援プログラム

まんてんエデュケーション不登校の学習支援プログラム
不登校プログラム.pdf
PDFファイル 340.7 KB

 

 

  お問い合わせ・お申込みはこちらからどうぞ