あなたの人生を自由に生きるために 下村幸子より

      トラウマ心の傷のカウンセリング

 

 

【ごあいさつ】

こんにちは。

 i カウンセリングのホームページへ

  ようこそお越しくださいました。

数あるカウンセリングルームの中から

 見つけていただき出会えたことを

       嬉しく思います。

 

 

i カウンセリングは心の傷の修復を大きな柱としてカウンセリングを行っています。

 

ご相談にみえる方はほとんど心に傷を負っておられ、その傷が様々な生きづらさを生んでいることが、カウンセリングを通して強く感じられているからです。

 

存在を否定される・無視される、思いを受け入れてもらえない、見下される、

そういったことが人の心に深刻な影響を与えます。いじめや虐待、犯罪被害、差別、ハラスメント、DVなどからは当然甚大な被害があります。その他にも、人と比較される、子ども扱いされる、我慢させられる、プレッシャーを与えられる、からかわれる、いじられるといったことも深く傷を負ってしまいます。

 

一見いいことの様に見えることが実は心の中では大変なことになっていることもあります。例えばしっかり者で誰からも頼りにされる方、勉強やスポーツが出来る方などはどんなに頑張っても当たり前としかみられず努力が才能の影に隠れてしまうということがあります。「あなただけが頼りよ!」「いいわね、才能があって」等と言われると、「弱音は言っちゃいけない」「がんばらなくちゃ」と辛い気持ちを封印してしまいます。フタをされた気持ちは放置され、無視され続けることになるため、それが深いところでトラウマになってしまうこともあるのです。

 

心に傷を抱えたままだと、自分に自信を持つことが難しくなり、常に不安や恐怖、焦りなどを感じ、人の目が気になって身動きが自由に取れなくなります。やがて、自分が何をしたいのか、何が好きなのかさえわからなくなってしまうのです。

 

誰にも“想い”があって、それぞれの苦労があります。その想いのひとつひとつが大切にされることで、次へのエネルギーが湧いてくるものです。その過程がカウンセリングであり、心の傷の治療です。

 

心の傷の治療をさせていただくと、「なんだか楽に生きられる様になってきました」と仰られる方が多くいます。ご自分が大変な中を生き抜いてきたのだということを実感され、自分に対しての自信やいたわりが出てくるようになっていかれます。そしてさらに強くしなやかにそして幸福を感じながら毎日を送れるようになっていかれています。

 

心の傷の修復にはFAP療法を行います。詳しくはこちらをご覧ください。

 

現在苦しい思いを抱えておられる方が1人でも多く楽に、自分らしく生きられる様、全力を尽くしていきます。

 

《 i 》に込めた想い

《 i カウンセリング》の《 i 》には,4つの思いを込めています。

1.一人称“私”の《 I 》。自分の人生の主体は自分であるということ

2.愛情の“あい”。自分自身を愛し、幸せを感じていける様に

3.《identity》自我同一性・自己一致。心と歩む道が一致していく様に

4.《independence》自立。

誰かに左右されるのでなく自分の意思で自分の人生を自由に選択していける様に。

自由に生きるということは責任を伴いますがきっと自信と幸福を感じられるはずです。

専門領域

これまで精神科・心療内科にて働いて参りました。

最近特に多い症状は

 

◆うつ病、双極性障害(躁うつ病)等の気分障害

◆パニック障害・強迫性障害・急性及び外傷後ストレス障害等の不安障害

◆パーソナリティ障害

解離性障害(離人感・多重人格)

トラウマ

摂食障害

 

等の方々です。

不眠や頭痛等の身体症状、不安、恐怖、人の目が怖いなどの精神症状は、身体から出されているSOS、「もう限界!助けて!」というメッセージです。

何らかの大きな負担があったはずです。カウンセラーはそのメッセージを聞いていきます。

具体的に見られる症状はこちらをご覧下さい。